西本智実さん指揮「カルメン」終演しました、関係者の皆様、ありがとうございました。お疲れ様でした!
e0363708_20044221.jpg
(GPの様子@イルミナート公式Twitter)
本番まさかの二幕まで重く歌ってしまい、ちょっとあっぷあっぷしかけましたが、なんとか休憩後からは立て直せました。。。三幕、特に四幕なんかは気持ちよく歌い演じられました、危ない危ない。。。

落ち着いてやればよかったんですけど、本番前にアドバイスしてくださった事を欲張ってやろうとして感情で突っ走ってしまって、自分の未熟さを反省しました。。。断っておきますが、そのアドバイスはとても理解できるもので、自分の師匠なんかはそうやって歌ってらっしゃると思うので自分もそういう風に表現したいと思ったのですが、なにせ大事な事は忘れてはいけませんよね。何事も経験です。

今回いろんなスケジュールの都合で僕はだいぶギリギリからの参加だったのですが、カルメン役の糀谷栄里子さん、周防彩子さんなどの関西二期会の研修所で担当した教え子達や、久しぶりに会う先輩後輩に支えられて楽しくオペラをできたのは良かったです。西本さんともこれでヴェルディのレクイエムを二回 、第九と今回で四回目のお付き合いで色々西本さんの呼吸もわかって来てライブを楽しめました。ありがとうございました。

実は1/23から先週の半ばまでびわ湖ホールのプロデュースオペラ:ワーグナー作曲「ジークフリート 」のミーメ役のカヴァーとしてスタンバイしているのですが、カルメンをまた頭から追い出して、ミーメ役を頭に入れなおしたいと思います。カルメンも大変なのですが、1/20のトリスタン、そしてこのミーメ役が半端なく大変で、ドン・ホセ役が楽に思えてしまう始末でした。お陰様で体力もついてきた気がするので、この調子でこれからの本番を気持ちよくこなしていきたいなと思います。

# by zucci2 | 2019-02-17 19:30 | Comments(0)
新交響楽団さんの「トリスタンとイゾルデ」、無事に終演しました!!!!!!飯守先生をはじめ、イゾルデ役の池田香織さん、金子美香さんをはじめ共演者の皆様、オケのみなさま、コンサートを支えてくださった皆様、ありがとうございました。。。
e0363708_20345041.jpg
(終演後に飯守先生と歌手@二期会Twitter)
初めて!!!飯守先生のワーグナーの作品で破綻せずに歌い切ることができました。嬉しい!!!色々失敗したところもあるけれど、なんとか歌いきれたことが僕にとっては本当に自信になりました。今日はホールの響きも聴きながらリハーサルから歌えたのと、基礎に帰って丁寧に歌う事を心掛けられたのも良かったかなぁ。。11月末からずーっと風邪が治らず、声が疲れている時が多々ありましたが、高校や大学でのレッスン時に、自分が声を極力使わずに教えるにはどうしたらいいか?みたいな事を常に考えて歌えたのも良かった気がします。先週のリハーサルまでは一歩進んで二歩下がるみたいな事を繰り返していましたが、昨日のリハーサルで柔らかく声を持っていって歌えたので「これでなんとかなりそうだ!」と自信を持てて今日を迎えられたのも良かったです。

飯守先生からは毎回たくさん教わるのですが、今回は最終的に歌い切るのが大変で、その中でどう言われた表現、音色を出せるか苦労しました。実際本番もうねる音楽に流されないように必死だったのでたまに「ここもっと出来たなぁ」と思うこともありましたが、オケのみなさんに飯守先生が出されているダメ出しやアドバイスを聴きながら「僕もこの音楽を一緒に作らないと!」とライブを楽しみました。

今回僕が新交響楽団さんでトリスタンをやるにあたり、飯守先生が「トリスタンをやるなら二塚くんに」と言ってくださっていたそうです。今までも「ジークフリート 」の1幕ミーメ役や、「トリスタンイゾルデ」の三幕トリスタン役など、僕自身の全力は出したけど、演奏としてはバテてしまったり、声がついていかなかったりして申し訳ない想いでいっぱいだったので「なんとしても今回のトリスタンは先生に頑張ってたけど残念だったと思われないようにしたい、いい演奏会にしたい!!」という想いが強かったので、終演後のカーテンコールでもお客様の拍手が温かくて泣きそうでしたし、打ち上げでは色んな想いが募ってしまって泣いてしまいました。。。ほんとにこの新交響楽団さんの演奏会にのれた事、幸せでした。相手役の今では日本のワーグナー歌手といえばこの人!というような池田香織さんにもたくさんアドバイスをもらい、たまに僕が迷子になっていると「こっちだよ」とサポートしてもらいなんとかここまで来れました、姉さんありがとうございました!共演者のみなさんも素晴らしく昨年の魔笛から何やかんやとご一緒していた金子美香さんや、久しぶりの友清さん、佐藤さん、初めましての今尾さん、小林さん、宮之原さんと皆さん本当に優しくてアットホームな感じで過ごせたのもありがたかったです。

そして新交響楽団のみなさん。まずこの作品をやるというだけでもすごい事ですし、そこに指揮が飯守泰次郎先生となんて意欲的な団体なんだろう、と感心しまくりでした。プログラムをみると年に4回も定期演奏会をされていてビックリ!!!本番も飯守先生に必死に食らいつくというよりは一緒にうねって演奏されていてとても素晴らしかったです。。。

はぁ。。。。歌うまでは「大丈夫かなぁ、無事に終われるかなぁ」と思っていましたが、今はとても寂しい気分です。師匠がイゾルデを歌われた時に二幕のデュエットを聞いて鼻歌で歌いたくなるくらい印象に残ったのを覚えています。「いつかやれたらいいなぁ。。。」と思っていた作品を自分が部分的にですが歌う機会をいただけたことに感謝感謝です。これで1幕をやるととりあえずトリスタン役はコンプリート!あとは一本通すだけか。。と思ったりもしますが、今日も「この後三幕は今日は歌えないなぁ。。」と思ったので、もう少し自分なりに歌いこんでものにしたいと思います。でも僕にとってトリスタン役を全幕通して歌うのはフルマラソンを走るのに近いので、無理せず、もっともっとテクニックを磨いていきたいと思います。まだまだ余韻に浸りたいのですが、この後は同じワーグナーの大作「ジークフリート 」のミーメ役のカヴァーに入っているので頑張って暗譜に励みたいと思います。このミーメ役も飯守先生との思い出がいっぱい詰まった役なので、大切に歌いたいと思います。

今日は本当に幸せでした、ありがとうございました!!!
e0363708_20343509.jpg
(お世話になった飯守泰次郎マエストロと池田香織さん@二期会Twitter)




# by zucci2 | 2019-01-20 19:25 | Comments(2)
「びわ湖ホール四大テノール 謹賀新年笑い初めコンサート in 大ホール」終演いたしました!たくさんのご来場、本当にありがとうございました!
e0363708_21394966.jpg
(終演後、にゃんばら先生と。びわ湖ホールのfacebookより)
まずこのコンサートで絶対忘れてはいけないのがホームグラウンドのびわ湖ホール!全面バックアップしていただき「四テナ愛されてるな〜そのメンバーの一員としていられるなんて幸せだなぁ」と改めて自分の今ある境遇?に感謝感謝でした。昨年僕が福袋コンサートをした時も他のホールでは絶対無理な要望を聞いてくださったのを思い出しますが、今回もスモーク、照明はフル稼動!!!「大都会」ではせり上がりもさせていただき、コント「白組だけの紅白歌合戦」では集計の野鳥の会の皆様として、びわ湖ホールの山中館長をはじめみなさんが手伝ってくださるという贅沢さ!ここに滋賀県知事の三日月泰造知事までご参加くださって変な話、ここが一番盛り上がったかも?!といった手の込んだシーンもありました。メンバー結成の時から支えてくれているスタッフの方々も駆けつけてくれて幸せな時間を過ごすことができました!そしてなんといっても大ホール(1800席)のところ1100人以上のお客様にお越しいただき、お客様にも愛されているなぁとこちらも改めて感じました。毎回あの手この手でお客様をサービスしようと考えてくれるリーダーの竹内さんのネタの豊富さには脱帽です。メンバーも、今では欠かすことのできないピアノの植松さやかさんも、今回も素晴らしいパフォーマンスを披露していて流石でした!

自分としては年末までの疲れで年明けから久しぶりにひどい風邪をひき、コンディションが微妙だったのと、大きなホールに行くとどうも声を出しすぎてしまうために自分の声を客観的にコントロールできないという自己不信で(昨年の東京芸術劇場、ヴァチカン、ジルヴェスターのびわ湖ホール大ホールなど)後半のオペラアリアまでは不安定な発声で歌ってしまいました(それでもソロ曲は植松さんの好リードで気持ちよく歌えましたが)。コントからは今のままだと絶対に声がなくなると思い、声を軽く高めのポジションにチェンジ、そこからは「仮面舞踏会(少年隊)」、「大都会」、カンツォーネメドレー、Nessun dorma 、My way、まつり(北島三郎)、O sole mioと怒涛のハード曲を発声の転換と気合いで無事に乗り切る事が出来てホッとしました。大ホールでこの声がどんな感じに響いているかも感じれましたし、なんといっても最後までバテずにいけた事が大きな収穫でした。まだまだ自分の一番いい声という感じではないですが、焦らず、また師匠に声を聴いてもらって改良を加えていきたいと思います。
e0363708_21405818.jpg
(びわ湖ホールのfacebookより)
さてこれで心置きなく1/20の「トリスタンとイゾルデ」、そしてびわ湖ホールの「ジークフリート (ミーメ役カヴァー)」に突き進むのみ!!!今月末から来月にも四大テノールがありますが、とりあえずがっつりとワーグナーに戻ろうと思います。あとは風邪が早く治ってくれますように、いや、早く治すぞー!!!

# by zucci2 | 2019-01-07 04:01 | Comments(0)

2019年、謹賀新年

明けましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!
e0363708_02583624.jpg
(舞台袖で蝶々さんチームのみなさんと)
というわけで(?)今年は一年ぶりにびわ湖ホールのジルヴェスターコンサートで新年を迎えることができました。久しぶりジルヴェスターコンサート、マエストロの沼尻竜典さんをはじめ、夏の指揮者セミナーでご一緒した基村昌代さん、優秀な後輩の森季子さん、清水徹太郎くん、声楽アンサンブル同期の松森くんをはじめ、久しぶりに会う懐かしい顔ぶれに同窓会気分で楽しませていただきました。演奏の方は、疲れがピークで身体がついて来ず、我慢の歌唱となりましたが、なんとか本番を終えられてホッとしています。。。12月最後の週がトリスタンお稽古(12/25)→第九(12/27)→関西クラシック紅白歌合戦(12/29)→ジルヴェスターコンサート(12/31)と休み無しな感じだったのでかなりきつかったです。これでやっとお休みだー!といきたいところですが、1/6には四大テノールが、1/20にはトリスタンが待っているので、早く疲れを取って次の本番に臨みたいと思います。
e0363708_04295768.jpg
(コンサート終演後)
昨年を振り返ってみて充実した、とても忙しい一年でした。昨年はジルヴェスターコンサートが無かった代わりに1/2からニューイヤーコンサートに出演しましたし、初めて日生劇場オペラにも参加させていただき、素敵な出会いに恵まれました。さらには久しぶりの西本智美さんとのヴェルディのレクイエム でのヴァチカン演奏会、マーラー「千人の交響曲」の初めてのソロなど新しい出会いがたくさんあり幸せでした。今年度もおかげさまでいろいろ本番にお声がけいただいているのでひとつひとつ丁寧に大事に乗り切っていきたいです。とりあえず1/6の四テナとトリスタンは無事に歌い切りたい!

とりあえず2、3日は身体と喉を休めるぞ〜

# by zucci2 | 2019-01-01 02:41 | Comments(0)

年明けの本番のご案内

私ではなくて妻の出演するオペラの宣伝です。

来年1/20にびわ湖ホール中ホールで、さらに3/24には兵庫県立芸術文化センターでびわ湖ホール声楽アンサンブルのオペラ「森は生きている」に妻がほぼ主役の女王役で出演します。
e0363708_18263543.jpg

「森は生きている」は僕も声楽アンサンブル時代には何度も参加している作品なのですが、お話もいいし、曲も馴染みやすいし、絵本のような演出、衣装全てが大好きな作品です。僕が初めて参加した頃は学校公演もあって子供たちにもとても親しみやすい作品で、ぜひ観て欲しい作品です。妻は「森は生きている」は色んな役で出演しているのですが、妻が女王役をやった時は妻のキャラと歌がこの役にとてもマッチしていていい公演になった立役者だったなぁと思っています。今回はまた新たな気持ちで自分をさらに高みにもっていこうと悪戦苦闘中のようですが、現役のメンバーと一緒に上演することで、お互いにいい刺激になっていい公演になること間違いなしです。どうぞ皆様、年明けは「森は生きている」ぜひお見逃しなく!

東京近辺の方は新交響楽団さんの「トリスタンとイゾルデ」にぜひお越しください。どちらも沢山のご来場お待ちしております!
e0363708_18264950.jpg


# by zucci2 | 2018-12-24 18:12 | Comments(0)

テノール歌手・二塚直紀のブログです


by zucci2