先週に引き続き、今週はムジークフェストならに第九で出演してきました。関係者の皆様、お世話になりました。ありがとうございました。

最近テーマの「本番を楽しもう!」をモットーに今日も本番を楽しんできましたが、もう少し身体がついてきて歌えたらもっと楽しかったかなぁ。それにしても第九はいい曲だなぁと舞台の上で聴きながら思います。聴けば聴くほど楽しめるというか、噛めば噛むほど味が出るスルメ?のような感じでしょうか。他のクラシックの曲もきっとそうなんだろうな〜子供が大きくなったらオケの演奏会にも行ってみようかな〜と思います。

今日も演奏会後にいろんな方に声をかけていただいて、いろんなご縁でこうやって地元奈良で歌えるのだなぁと実感しました。ありがたい話です。こうしたご縁が繋がって、また新しい出会いがあればいいな〜。今日一番テンションが上がったのが、合唱に助っ人でのられていた方が初演の「あしたの瞳」にのっておられたとの事。帰り道に「目の〜なーかーのレーンズ〜♪」と久しぶりに口ずさみたくなりました!

さて次は7月、8月のオペラの稽古と久しぶりのカルミナブラーナ!!!楽しめるように頑張ります!
[PR]
# by zucci2 | 2017-06-18 20:08 | Comments(0)
今日は奈良の春日野フォーラムでムジークフェスト奈良のオープニングコンサートにびわ湖ホール四大テノールとして出演してきました。ご来場いただいた皆様、お世話になりました皆様、ありがとうございました。

e0363708_23072725.jpg

(コントの格好で能舞台で記念撮影)

最近お伝えしていますように喉のコンディションが良くないため、最後までもつかな〜と不安な中で楽屋入りしたのですが、とりあえず頑張ってしまうと声が枯れてきてしまうので、丁寧に歌って表現するしかない。。。といった感じだったですがそれが逆に良かったようで集中力もあり、表現も力ずくでなく色んな色彩の音楽・声をお届けできた気がします。今日はソロで「平城山」、オペラ道化師のアリア「衣装をつけろ」を歌ったのですが、今までで一番一音一音に想いを込めて丁寧に表現できた気がします。どちらかというとこっちの表現の方が楽しいじゃないか!と喉が調子悪かったお陰でとても収穫のある本番になりました。これはこの間の名古屋での「あしたの瞳」で掴めた事に似ています。大変だったけど楽しく過ごせた「あしたの瞳」での経験がとても役立った本番になりました。今日も無理せず本番を楽しもう!とのぞめたのが良かったきがしました

さて次は7月の守山での「魔笛」、そして8月のびわ湖ホールでの「ミカド」、そして9月の春秋座での「魔笛」と休む間もありません。今回の経験を活かして乗り切って行きたいです。とりあえずは次は来週のムジークフェスト奈良の第九です。頑張ります!!!
[PR]
# by zucci2 | 2017-06-10 22:50 | Comments(0)
こんなに本番を楽しめたオペラはいつぶりだろう???というくらい楽しんだ本番でした。関係者のメニコンの皆様をはじめ作曲・演奏の宮川彬良さん、室内楽の皆様、そしてコンディションが悪い僕を温かく見守って支えてくれた共演者の皆様、本当にありがとうございました。
e0363708_00553942.jpg
前回のトロヴァトーレの時にも書いたのですが、まずこの「あしたの瞳」という作品に関わる事が出来たのが本当に幸せな事でした。今回のお仕事をいただくまで作品の存在すら知らなかったのが終わった時には大好きになった作品と出会う事が出来、また、テレビでは何度も拝見している宮川彬良さんをはじめ、新しい共演者との出会いがあってみんなでひとつの作品を作れた事が本当に楽しくてあっという間の幸せな時間でした。この作品、主人公がコンタクトレンズのメニコンの創業者・田中恭一さんをモデルにした角膜コンタクトレンズが開発されるまでの物語のオペラなのですが、主人公の田宮常一(田中恭一さんの事)がコンタクトレンズを開発する事が努力が苦にならず楽しくて楽しく仕方がない、というのに近いものがあったなぁと自画自賛できるくらいこの作品に没頭しました。ありがたい話ですが主役の田宮常一役をさせていただけたのも僕にとってとても光栄な事でした。今回はハイライトだったのですが、それでもほぼ1時間15分出ずっぱりの役で大変なのですが、自分の喉のコンディションがなかなか良くならず、関係者には本当にご心配をおかけしました。昨日の通し、GPと二回なんとか通せた事で本番は大丈夫という自信も持てまして、本番は稽古でみんなで頑張った事を存分に楽しみました。ストーリーとしては会長になった田宮常一が自分の目玉の記憶と共に過去の自分をもう一度見ていくというストーリーなのですが、タイムスリップして過去に戻ってからはあっという間に時間が進んで「あとワーンシーンでもう終わっちゃうな〜。。」と寂しい気持ちになるくらい楽しみ過ぎて時間が経つのがあっという間でした。シーンとしては君代さんという恋人とのデュエットが大好きで、ここを気持ち良く歌えるように本番も頑張りすぎないように歌ったつもりなのですが、高校生はどう思ったかなぁ?特に君代さん役の加藤恵利子さんには、時にはいろんなアイデアをもらい、時には加藤さんの役に対するピュアな姿勢に影響されて、とても沢山やる気と元気をもらって、初恋のシーンをとてもピュアな気持ちで歌い演じる事が出来た気がします。本当に助かりました、ありがとうございました。他にも目玉の記憶役の塚本信彦さんや、常一にコンタクトレンズっていうものがあってこれからの時代はコンタクトレンズの時代になるよと教えてくれるアメリカ人・シンディ役の安藤るりさん、コンタクトレンズを作る上での技術を教えてくれた先輩役の滝沢博さん、目玉の記憶分身?コロス役のみなさん(各パート1人ずつの4人なのに素敵なアンサンブルを聴かせてくれていました、すごい!!!)と個性的なメンバーに支えられて本当に充実したお稽古、本番の時間を過ごす事が出来ました、みなさんに出会えて共演出来て本当に良かった!声のコンディションを整えて、もう一度このキャストでやりたい、なんなら今回はハイライト公演なので全曲やりたいと思える作品でした。
e0363708_22323766.jpg

(君代さん役の加藤さんと)
そして宮川彬良さん!!!宮崎国際音楽祭の時に楽屋口でお声がけさせていただき、ご一緒できる日を本当に楽しみにしていたのですが、来られてからの展開がすごく早くて楽しーと言ってる間に本番が来て終わってしまった感じでした。作曲家自ら作品の想いや曲のイメージをお聞き出来たのもとても勉強になりました。頭が良い方だとは思っていましたがとても何事にもピュアな視線をもって見てらして、とても温かい方で、宮川さんにも本当に沢山支えていただきました、ありがとうございましたm(_ _)m

今回こういう出会いがあって本当によかった!!!僕自身がいっぱいエネルギーをもらって帰っています。またみなさんとご一緒できますように!vielen dank!!!!

e0363708_00565167.jpg

[PR]
# by zucci2 | 2017-06-07 14:25 | Comments(0)
今日は大阪の茨木でヴェルディ作曲のオペラ「il trovatore 」に出演してきました。関係者の皆様、お世話になりました。ありがとうございました!
e0363708_07500646.jpg
(終演後に出演者で)
まず僕にマンリーコを歌う!!!という機会をくれたルーナ伯爵を歌われた木村孝夫さんに感謝です。自分では絶対進んで歌わないであろうマンリーコ役。特に三幕の最後のアリア「見よ恐ろしい炎を」のプレッシャーは考えただけでも半端ないです。今回は全曲を大きな会場で歌うわけではなかったので、自分の経験の為にもやりたいと思い準備してきました。四月くらいまでは「こんな感じで歌えれば大丈夫」という感じに仕上がっていたのですが、5月のヴェルディのレクイエムで調子を崩してから歌い方が崩れ声帯も疲労して苦しい毎日でした。師匠のレッスンを聞き返したり学校で生徒に教えながら基礎を見直したりして、今日はなんとか無事に全曲歌いきれました。もっと楽に歌えればハイCももっと伸ばせたと思うのですが、今日は無理はできなかったので悔しいですが我慢我慢の歌唱でした。それでも自分としては我慢我慢で歌いきれた事は収穫になりましたし、自分が何が良く無いか事前にわかってその対策をして本番にもっていけたのは勉強になりました。ただまだ本調子には遠い感じなので次の名古屋での「あした瞳」、ムジークフェスト奈良の四大テノールに向けて調整していきたいです。身体が硬くなっているのをなんとかしなければ。。。

この後も全然休みなく続くので体調に気をつけてひとつひとつの本番を楽しめるようにしたいと思います。真面目になりすぎず、楽しむぞー!!!

[PR]
# by zucci2 | 2017-05-27 16:44 | Comments(0)

第22回宮崎国際音楽祭

今日の最終公演/ヴェルディ作曲「椿姫」をもって宮崎国際音楽祭、無事に終了いたしました。関係者の皆様、ありがとうございました。

今年で三回目となる宮崎国際音楽祭、昨年よりは歌の調子や体調もだいぶましでしたが、風邪からの声帯の疲れで声がコントロールしにくく、本番まで自分がやきもきしてしまいました。お陰で本番はまあまあ気持ちよく歌えましたし、アンコールでは福井敬さんと一緒にソロパートを歌わせていただけるなど思い出深い公演になりました。キャストでは今年は今ミュンヘンなど世界各地で大活躍のソプラノ・中村恵理さんがヴィオレッタを歌われました。初役らしいのですが、歌の一言一言がとても説得力があって声も素晴らしく、横で歌っていてとても勉強になりました。アルフレードはもちろん福井敬さん、相変わらずのスーパーヴォイスで素晴らしかったです。ジェルモンのアンドリュー・シュレーダーさんもテクニックがあって知的なジェルモンを歌われて素晴らしかったです。ちなみにアンコールでは一緒にアルフレードのパートを少しですが歌ってくださいました。

今年は途中で両親と自分の家族が宮崎に遊びにきてくれて、いつもホテルに閉じこもっているところを青島に行ったり旅行気分も味わえて良かったです。また、今年は宮崎のロータリークラブの例会で椿姫の宣伝をさせていただき、同期の佐藤路子さんと久しぶりに和気あいあいと歌えたのも楽しかったです。

また来年も読んでもらえますように!
[PR]
# by zucci2 | 2017-05-14 21:30 | Comments(0)

テノール歌手・二塚直紀のブログです


by zucci2